シェア田んぼ

シェア田んぼ

田植えから3週間経ちました。

早いもので、田植えイベントからすでに3週間が経ちました。
7月10日に、八王子の石川農園にお邪魔してきましたので、レポートをお届けいたします♪

はやる気持ちを抑えながら、ゆっくりと田んぼへの農道を歩いていきます。
周辺の田んぼはもう、緑のじゅうたんに。

いよいよ、私達の植え付けた田んぼが近づいてきました!

あの時は、まだ、たった3本の稲の苗でした。
それがもう、これだけ大きくなっておりました。

近づいて、見てみると・・・

植え付けた時よりも、稲の茎の数が増えていることに、気づきましたか?
稲は大きくなる途中で、新しい茎を根本からどんどん出しながら生長していきます。
これを「分げつ」と呼びます。

こういった性質があるので、石川さんはあえて「間隔を大きく空けて植え付ける」ように皆様にお願いしていたのです。
1枚1枚の葉っぱも幅広くなっており、ずいぶんと立派な姿になっておりました。

まだ、稲の株と株の間にはスキマが見られますが、あっという間に株が大きく育って、これから全面を覆い尽くす緑のじゅうたんのような姿に、田んぼは変わっていくでしょう。

田んぼから、シンボルツリーを見上げてみると、それはそれは美しい空が見えました。
もう、夏ですね。

田植えイベントにご来園いただいた皆様。
お近くにお立ち寄りの際には、ぜひ田んぼも覗いてみてくださいね!
お待ちしております。

シェア田んぼ